Apple_Music_logo.svg.png
Amazon_Music_logo1.png
KKBOX_logo_20130820_h300px.png
2019 by Eatern Standard Sounds

[Shipping]

 

[ASIA] $5 for the first & 1$ for each additional CD (1-2weeks)

         *Fast shpping 24$(2-3days)

[US,EUROPE] $5 for the first & 3 $ for each additional CD (1-2weeks)

         *Fast shpping 24$(2-3days)

[REST OF WORLD] $5 for the first & 3$ for each additional CD (1-2weeks)

         *Fast shpping 24$(2-3days)

[KOREA] 3000 KRS

 

ACCEPTED PAYMENT OPTIONS : PAYPAL

 

NST & The Soul Sauce Meets Kim Yul Hee - Version (Mar 6, 2019 )

노선택과 소울소스 meets 김율희 - Version

 

1. 뺑덕 Bbaengdeok
2. 중타령  Monk Song
3. 정들고싶네 Jeongdulgosimne
4. 박타령  Bak Taryeong
5. 흥타령  Heung Taryeong
6. Bbaeng Dub
7. Monk Dub
8. Veridikal Dub


CREDIT

Executive Producer Oh Jeongseok

Produced by NST & The Soul Sauce

Co-Produced by Naoyuki UchidaAll Songs

Arranged by NST & The Soul Sauce, Kim Yulhee, Naoyuki Uchida (on 6, 7, 8)

Engineered by Park Jaehyun (on 1, 2, 3)

Jeong Jooyoung (on 4), Kang Ungu, Park Byungjoon (on 5)

Recorded at Platform Changdong 61Dec. 2016 - Apr. 2017 (on 1, 2, 3), Senggi Studio Feb. 22, 2018 (on 4), CJ Azit Apr. 1, 2018 (on 6)South Korea.

Mixed by Naoyuki Uchida at Makisato-Lab, Fusion, Kanagawa, Japan

Mastered by Ryan Smith at Sterling Sound, New York, USA.

A&R Eastern Standard Sounds

Production Managed by Vivian Hyunmin Lee

Illustration and Designed by leehaam slswqcqk

 

NST & The Soul Sauce meets Kim Yulhee - Version
(Eastern Standard Sounds/ Sony Music 2019.3.6)

 

NST & The Soul Sauce, and sorikkun (singer of traditional Korean pansori music) Kim Yul-hee
show us the version of us now, right here.


“All versions are based on an original and all originals live and breathe beyond time and space
through various versions.”



NST & The Soul Sauce’s second full-length album “Version” has come out. It’s a collaboration with Kim Yulhee, a well-known sorikkun in the traditional Korean music scene and overseas as well due to her work with ECM Records. Four out of 12 chapters of pansori are put to a modern reggae/dub soundscape, providing a modern sound to traditional Korean folk music. Established in 2016, NST & The Soul Sauce is Korea’s representative reggae band, and their sentiments and attitudes are based on Korean tastes and style mixed with the color of reggae/dub, soul, jazz, and psychedelic. They debuted with EP “Heaven is Here/Song for Rico” (2016) and were invited to leading overseas festivals such as Fuji Rock Festival (Japan), Hong Kong Int’l Reggae Ska Festival, Sierra Nevada World Music Festival (USA), Circulart (Colombia), En Orbita (Chile) and Fuji Rock Festival 2019 where they were well-received. They were invited as guests on Bob Marley’s producer and legendary reggae icon Lee “Scratch” Perry’s US Tour, garnering attention and fame in Korea and beyond. Their new record [NST & The Soul Sauce meets Kim Yulhee – Version] has been released by Eastern Standard Sounds on March 6, 2019. Leading Japanese engineer Naoyuki Uchida (内田直之) who worked with the group on “Back When Tigers Smoked” (2017) joins them again to create a balanced analog and digital dub mix, and Ryan Smith from Sterling Sound (NYC) who worked with Paul McCartney and Adele improved the quality of sound by helping with the mastering.

 

ノ・ソンテクとソウルソース meets キム・ユルヒ - Version
(2019.4.1東洋標準音響社/ソニー・ミュージック)

 

ノ・ソンテクとソウルソースが、歌い手のキム・ユルヒと伝える
今、ここから、私たちのバージョンVersion
“すべてのバージョンversionはオリジナルoriginalをその根拠とし、
すべてのオリジナルは、さまざまなバージョンを通じて時空間を越えて息づく“”


ノ・ソンテクとソウルソースがセカンドアルバム、「Version」を発表。伝統音楽シーンだけでなく世界的にも注目されているパンソリの歌い手、キム・ユルヒとのコラボによって生まれたこちらのアルバム。韓国民族音楽であるパンソリの12曲のうちの4曲を、現代的なレゲエ/ダブの音景で解き明かしたマスターピースである。

韓国の趣をベースにした情緒を、レゲエ/ダブ、ソウル、ジャズ、サイキデルリクの色合いで繰り広げるレゲエバンド、ノ・ソンテクとソウルソース。
2016年に結成し、Heaven is Here/ Song for Rico(EP)でデビューして以来、日本のフジロックフェスティバル、香港のレゲエスカフェス(HKIRSF)、アメリカのシエラネバダ・ワールドミュージック・フェス(SNWMF)、コロンビアのCirculArt、チリのEn Orbitaなど、世界各地の音楽フェスに相次いで招待され、大好評を博した。特にボブ・マーリーのプロデューサーであり、レゲエ音楽の伝説的な巨匠であるリー・ペリー(Lee "Scratch" Perry)の米国ツアーにゲストとして招待されるなど、異例的な歩みを続けている。

2019年3月6日、東洋標準音響社より発売された新作[ノ・ソンテクとソウルソースmeetsキム・ユルヒ- Version]は、2017年作[Back When Tigers Smoked]に続き、日本が世界に誇る内田直之がエンジニアとして参加し、アナログとデジタルの絶妙なダブミックスを実現した。ポール・マッカートニー、アデルなどを手掛けた、ニューヨークにあるスターリングサウンドのライアン・スミスRyan Smithがマスタリングに参加し、サウンドの密度を追求した。

3月9日土曜、現代カードアンダーステージで新アルバム発売の記念ライブを行った。特に、現代カードビニールアンドプラスチックからのLPにてリイシューされるファーストアルバム[Back When Tigers Smoked]の限定アルバムも当日公開された。

 


NST & THE SOUL SAUCE MEETS KIM YULHEE
NST&ザ・ソウル・ソース・ミーツ・キム・ユルヒ [韓国]


Kim Yulhee(キム・ユルヒ):Pansori Vocal, Kkwaenggwari / Noh Seonteck(ノ・ソンテク):B, Vo, Cho / Kang Tekhyun(カン・テッキョン):Ds, Cho, Per / Smiley Song(ソン・ヨンウ):Per, Cho, Key / Lee Jongmin(イ・ジョンミン):Key, Cho / Lee Simun(イ・シムン):G, Cho / Shin Hyunpil(シン・ヒョンピル):TS, BS, Cho / Yoo Seung Chul(ユ・スンチョル):Tp

レゲエ/ダブ、ジャズ、アフロビート、ファンク、ソウル、サイケデリックの要素を内包する独自のサウンドと、深く根ざした韓国の伝統的な音楽を融合させ、未知のサウンドスケープを創出する韓国を代表するレゲエ・バンド、NST(ノ・ソンテク)&ザ・ソウル・ソース。2016年にシングル「Heaven is Here / Song for Rico」でデビューして以来、日本のフジロックフェスティバル(2016年)やアメリカのシエラネバダ・ワールド・ミュージック・フェスティヴァル(2017年)、コロンビアのサーキュラート(2017年)、チリのエン・オービタ(2018年)といった世界各地を代表する音楽フェスに招聘され、2017年にはリー・ペリーのアメリカ・ツアーのオープニング・アクトに抜擢されるなど、異例の躍進を続けてきた。2017年、彼らはジャンルを超越した未曾有の楽曲を生み出すために、ユネスコの無形文化遺産に登録された韓国の伝統的民俗芸能、パンソリの歌い手、キム・ユルヒと手を組んだ。そして、2019年3月、キム・ユルヒとのコラボレーションによりセカンド・アルバム『ヴァージョン』をリリースした。同作は、12曲存在するパンソリのうちの4曲を、現代的なレゲエ/ダブのサウンドスケープとミックスさせたマスターピースである。日本が世界に誇るエンジニア、内田直之(LITTLE TEMPO、OKI DUB AINU BAND等)がミックスおよび共同プロデュースを担当。レゲエとパンソリという想定外の組み合わせが生み出す、パワフルかつスピリチュアルなサウンドが爆発する。

노선택과 소울소스 meets 김율희 (NST & The Soul Sauce Meets Kim Yulhee) - Version (CD)

$16.00 일반가
$12.80할인가